救急搬送された夫

夫が救急搬送されました

昨日は私が買い物に行くため 早めに仕事場から帰りました。

するといつもLINEばかりで
めったに電話してこない夫から着信がありました。

「記憶が無いんだけど、ハシゴから落ちたみたい。
お弁当を食べた記憶はあるけれど他が思い出せない」
と言うのです。
なのですぐに救急車を呼ぶことに。

しばらくして救急隊員の方から私の携帯に
行先の病院を伝える電話があり急いで向かいました。

脳と血液検査をした結果を見てお医者さんは
「血糖値が300を超えているし、ヘモグロビンA1cが10.7なので
意識を失ったのではないかと思う。外傷が全く無いし頭を打ったわけではない」
と言いました。

夫は前々から「薬を飲んでいれば食事療法しなくても大丈夫」と
言っていたのですが、やはりそうでは無かったようです。

以前私が徹底的に食事管理していた時に
私に隠れて食べたり 徹底し過ぎたからかイライラして爆発したり
したので、夫に任せるようになっていました。

その後も心電図などの検査をする夫を待つ間
ネットで調べてみました。
やはり血糖値が300超えると昏睡状態に陥ることもあるらしいし
その他にも怖い事がいろいろ書かれていました。

お医者さんは私に MRIの画像を見せながら説明してくれましたが
夫は「自分は糖尿病で意識を失ったのではなく
ハシゴから落ちて頭を打って記憶が飛んだ」とずっと言っています。
糖尿病のせいだとは思いたくないようです。
帰りの車の中で
「あの医者は言い出したら聞かなくて、
しつこく血糖値っていうから腹が立って
最後にガツンと言ってやった。看護師さんが間に入っておろおろしてた」
と、記憶が無かったはずなのに、言い出したら聞かない夫がそう言っていました。

と、言うわけで昨夜から糖質の少ない食事にすることにしました。
私がいくら考えて作っても本人に自覚が無いとどうしようもありませんが。

夜の散歩は毎晩夫が行ってくれていましたが
途中で倒れられたらワンコたちが車に轢かれてしまうかもと
心配なので私も一緒に行きました。

病院にいる間、コロ助を見守りカメラで見ると
部屋の中をウロウロしていました。
いつもなら夕方の散歩の時間だったので おしっこがしたいのか
お腹が空いていたのかもしれません。

夫は今週中にかかりつけ医の診察を受けることになっています。

短い記事ですが疲れたので寝ます。

ご訪問ありがとうございました。
☆ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログへ         

ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村