老人性うつにならないよう日光浴と肉を食べること

高齢者にとって認知症より怖いのは老人性うつらしいです

昨日、精神科医 和田秀樹さんが書いた記事をスマートニュースで読んだのですが

「認知症より怖いのは老人性うつ
「65歳以降は日に当たって幸せホルモンのセロトニンを分泌させる」
「肉には幸せホルモンを促すアミノ酸がたっぷり」 
(PRESIDENT Online 2023/08/23の記事)

幸せホルモンセロトニンを増やすには

日光浴については
精神科医 樺沢紫苑さんのYouTube番組でも常に
朝散歩でセロトニンを」と勧めています。

元気の源のセロトニンを増やすためにと、外に出て 散歩や畑仕事をする場合
「日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘をさしたりしてはだめなの?」
と、疑問に思っていましたが


曇った日でも、UVカットの長袖を着ていても、帽子や日傘をしていても大丈夫。
時間は10~30分程度で良い

と、これは医師で脳生理学者 有田秀穂さんの
神経の安定に深く関わる脳内物質・セロトニンとは
と言う記事(My Wellnessに掲載)で読みました。

とても詳しくセロトニンについて書かれていました。

とにかく肉を先に食べる

和田秀樹さんは
若い人がするような「野菜を先に食べる」より
肉を先に食べる」ほうが、食欲が落ちた高齢者には大事。
と言うような内容の話も書いていました。

私はこれまで「野菜を先に食べるのが良い」と信じて実行していました。
これからは「まずは動物性タンパク質」にします。

「野菜命」で「肉嫌い」の夫は
食事の最初に、けっこうたくさんの量の生野菜サラダを食べます。
次にゴーヤチャンプルーなどの炒め物を食べています。
ゴーヤチャンプルーには卵を入れています。

それを食べ終わると大好きな蕎麦か稲庭うどんを食べるのですが
最近は「もうお腹がいっぱいだから少しでいいよ」
と、やはり生野菜の段階で、お腹がいっぱいになるみたいです。

若い頃は胸板が厚くて肩幅も広かったのですが
気が付くとガリガリに痩せて薄っぺらになってしまっています。

数年前まで肉を食べていたので、食べれない事は無いのでしょうが
私が言っても聞かないので、
何かのきっかけでまた食べてくれると良いなと思っています。

ランキングに参加しています。
ポチっと↓↓↓していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください