思い出箱を開けてしまった

昨日のひとり飯

昨日は祭日でコロ助の病院は休みでした。
散歩 掃除 洗濯 を終えてからのブランチ。
前夜の残りの唐揚げでホットサンドイッチにしました。

具が多すぎて盛り上がってしまい上手く挟めるか
ちょっと広がったまま閉じない
ホットサンドイッチ(唐揚げ・ゆで卵・ブロッコリー)・青汁入り豆乳バナナジュース

なんとか上手くできました。
パンは10枚切りなので薄いです。

夕飯は思いっきり手抜きで楽しました。

日清焼きそば(牛肉・ほうれん草・しめじ・ブロッコリー)・煎茶

きょうの夜からは夫と二人なので、しばらくはせっせと ご飯づくり頑張ります。

思い出箱を開けてしまいました

備蓄のYouTubeチャンネルを見ていたら
「昔ながらの茶箱は食料保存に最適」と言っていました。
茶箱ならば、以前 一眼レフカメラやレンズを保存するのに使っていた
大きめの物が押入れの中にあります。
今は空っぽなはず。湿気を嫌う備蓄品を茶箱に入れよう
と、蓋を開けたらびっくり!

捨てたと思っていたアルバムや
結婚前のヨーロッパ放浪の日記などが入っていました。

アルバムは夫の卒業アルバムで、それから姉の結婚式の台紙入り写真も残してありました。
自分のアルバムや結婚式の写真は捨てたのですが
流石に夫や姉の物は捨てなかったようです。

それらに混じって なんと私の昔のブログを印刷した物が入っていました。
私の一番最初のブログです。
2005年だったようで、義母の事を主に書いていました。
あの時,年寄りだと思っていた義母は67歳。
今の私とたいして変わりません。

読んでくれる人が増えてきたころに、夫に私のブログがばれてしまい
「僕が草刈りとかしている間にこんな事をしていたのか」
と、怒られました。
そして コメントのやり取りを見たのか
「これは、不特定多数の人とメールしているのと同じだ」
と、まるで出会い系サイトで楽しんでいるように責められてしまいました。

その頃は 山の中の一軒家で義母と一緒に暮らし、
家の横の工場で夫と二人で仕事をしていました。
ブログは、友達と遊びに行くことも無かった私の唯一の楽しみでした。

でも、やめるように言われたので、これまで書いたものを記念に印刷したのです。


その中から1つ載せてみます。
あの頃は絵文字をたくさん使っていたので読みにくいです。

隠れて携帯で書いていたのは今とあまり変わらないな・・・

この中の3枚の記事だけiPhoneで写真に撮り、昨日 思い切って全部捨てました。

それからこんな物も。

写真入の旅行記を出版したいなと思ったのですが、
あまり面白くない気がしてあきらめました。
これの他に娘とのナイアガラ・ラスベガス・グランドキャニオンの旅行記も書いていました。

これらは、娘が後々読むかもしれないので捨てずに残します。

そして、なんと、私が小学生の時から集めていた切手帳までありました。

これは売れるかな?

懐かしい物を見つけてしまうと 片付けはなかなか進みません。
その後も思い出モードに突入したままだったので
YouTubeで昭和の名曲を流しながら、ダラダラとあちこちの片づけをしました。

ご訪問ありがとうございました。
☆ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログへ         

ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村