40年前に私が送った手紙が届きました

ランキングに参加しています。よろしくお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

40年の時を経て手にした手紙

先日ブログに書いた続きなので、わけがわからない方はこちらを読んでください。
40年前私が出した手紙が返ってくる

勤めていた会社の社長の奥さん宛てに旅先から送った手紙です。
1年間放浪していたのですが、スペインが拠点だったのでスペインの切手が貼ってある手紙がほとんどでした。

1通また1通と、まだ24、25歳だった私が書いた手紙を読みました。
あの頃流行った丸文字です。恐ろしく下手くそな字でしたが、今の私には書けないような漢字がちゃんと書けていました。
スマホなど無いので字がわからなくても調べられなかっただろうに、難しい漢字がちゃんと書けていてなんだか驚きです。
このころは文字を書く時代に生きていたのだなぁと変な所に感心しました。

1日のルーティンを詳しく書いている手紙もあって、自分の事なのに全く忘れていて「へぇーこんな風に暮らしていたのかぁ」と、楽しかったのだろうに忘れてしまうものなのだなと寂しく思いました。
ルーティンを書いた手紙をご紹介しますが、興味のない方は飛ばしてください。

お元気ですか。こちらはものすごく暑く、時々37度を超える時もあるほどです。
朝晩は涼しく過ごしやすいですが日中は地獄です。
それでも8月からサラマンカ大学の外国人向けスペイン語夏期講習を受けることにしたので、毎日朝9時から午後1時まで図書館に通って勉強しています。
入る前にクラス分けのための試験があるので(ぜんぜんできないと恥ずかしい)一生懸命やっています。
小さな街なので見に行く所も無く、毎日、日課通り暮らしています。
まず8:00起床。あとで掃除のおばさんが来るので、夜つけていた電球60w(部屋が暗いので自分で買った)のを40wのに付け替える。
テーブルクロスをかける(暑苦しいので外してある)
8:30 昨夜調理したゴミを持って部屋を出る(こっそり作っているので)
大学のそばの店で30ペセタ(約55円)のパンを買い朝食。毎日買うので何も言わなくてもおばさんが同じパンを手渡してくれる。
9:00~13:00 図書館で勉強。いつも空いていて2~3人しかいない。
13:00 市場でハムと夜の野菜を買い、次に小さな食料品店でパン(約45円)と水1.5L(約70円)を買い公園で昼食。
14:00~18:00 昼寝または勉強または買い物。
部屋に戻るとすぐに暑苦しいベッドカバーとテーブルクロスを外し、タンスの上へ放る。
18:00 夕食づくり開始。
たいていあまり匂いのしない野菜のスープと白いご飯。時々イワシの缶詰やシーチキンを食べる。
ところが、ある日、共同トイレ(部屋を出て2つ隣)が生臭いのに気づき、よく見たらトイレの横にある今は使っていない風呂の排水口から下水が溢れ出ていて、私が流したご飯粒や茄子の種が湧き出ていた。生臭いのは缶詰の汁を流したのが原因みたい。
毎回、食べた痕跡が残らないように完璧に後片付けしていたのに。
20:00 後片付けのあとシャワーを浴びに下の階に行く。
21:00 勉強または近くのBAR(バル)にコーヒーまたは冷たい物を飲みに行く。
23:00 就寝

夕食を作るのは毎日息も詰まる思いで、まるでアンネ・フランクの隠れ家生活みたいです。
あまりに日課通りの生活で、2か月間のハードな旅が嘘のようです。
8月末まで勉強を兼ねてのんびり休養して、その後マドリッドに行く予定です。
日本に帰るのは11月の始めになります。あと4か月なんてあっという間ですね。
そろそろ旅も終わりだなとなんだか寂しいような気がしています。
またいつか来れればよいのですが・・・
それでは、また書きます。

 

私がヨーロッパを放浪していたのは、エイズが流行りだし、大韓航空機が撃墜されたころでした。
初代ウォークマンを持って、ユーミン、サザンオールスターズ、NSPなどを録音したカセットテープを聴きながら旅していました。

送られてきた手紙には色あせた写真も入っていました。

私が24歳の時、奥さんは39歳。
社長さんの奥さんだったので今でも「奥さん」と呼んでいます。
その奥さんと先日電話で話した時はお互い24歳と39歳のまま何も変わっていないように話ができました。
40年も時が流れて64歳、79歳になったなんて。
最後に奥さんと会ったのはいつだったか、夜の散歩をしながら思い出していたら、なんと27年前の同じ日1月17日でした。
仕事で東京へ行き奥さんの家に泊まらせてもらい、翌朝17日に奥さんの家のテレビで阪神淡路大震災のニュースを見たのでした。

奥さんのお陰で偶然40年前の私を垣間見れました。
手紙を送ってもらわなければ死ぬまで思い出さなかったことばかりです。
あの頃生き生きと旅をしていた私と今の私は1本の線でつながっているわけですね。

昨日はたくさん振り返ったので、きょうからはまた前を向いて、私の1本の線をまだまだ先まで引っ張って行こうと思います。

ご訪問ありがとうございました。
☆ランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログへ         

ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村